白竹木材株式会社

愛知県碧南市の建築・古民家再生・古材家具ショップ

白竹ギャラリー利用者の声

白竹ギャラリー利用者の声

白竹ギャラリーのメリット、デメリットを聞いてみました!

白竹ギャラリー利用のメリット、デメリットって何だろう?と思いを巡らしてみました。白竹ギャラリーを運営している側と利用者との間では、まったく違うかもしれないし、同じなのかもしれない。それなら、直接、利用者に聞いてみよう。と思い、1問1答インタビューをお願いしました。IMG_8145

お答えしてくださったのは?

有限会社インテリアウエスト 石村武司 氏です。(写真は、恥ずかしいからNGとのこと)
〒540-0037 大阪市中央区内平野町1-1-5 西大手前ビル103
TEL: 06-6232-8327 FAX: 06-6232-8328
メールアドレス: store@west-online.jp

インテリアウエスト1926年、個人商店(当時は家具工房)としてお祖父さま-武四郎 氏が創業し、50年ほど前にお父さま-彰三 氏がインテリアデザイナーとして、壁紙や床のデザイン、コンサルティングする事業にそして、30年ほど前から現在のギャッベ&キリムを取り扱うようになったそうです。

白竹ギャラリーを6回ご利用いただいてます。

白竹ギャラリーを知ったきっかけは?

石村:75歳のおやじが、愛知県で展示できるギャラリーをインターネットで検索して見つけたんです。

白竹:予想外の答えでした。てっきり、最初のきっかけも石村さんだと思っていました。

白竹ギャラリー利用の決め手は?

石村:白竹ギャラリーさんが持っている顧客リストにより、お客様にDMを発送してもらえるからです。我々は、大阪からですので、愛知県にお客様がいらっしゃるわけではないので、白竹ギャラリーさんが持っているお客様が、インテリアウエストにとっての新規のお客様となる可能性があり、お客様の数を増やすことができます。

白竹:ちょっと驚きました。私たちが想定していたものとは違ってました。IMG_8140

それでは、ずばり白竹ギャラリー利用のメリットは?

石村:そうですね。やはり、顧客リストにより、DM発送してもらえ、新しいお客様が増える可能性があることですね。

白竹:茶房白竹(喫茶)が併設されていることは、メリットになりますか?

石村:あったら、あったで良いという程度ですね。我々にとっては、やはり顧客リストですね。新規顧客開拓できる可能性が高いですから。

白竹:そうなんですね・・・。茶房白竹は、かなりメリットだと思ってました。言われてみれば、茶房白竹のお客さんと白竹ギャラリーのお客さんは、かなり年齢層や生活スタイルなどが違う気がします。白竹ギャラリーに来場された後で茶房白竹には寄られますが、茶房白竹から白竹ギャラリーへの流れは少ないですね。

ソファー席

白竹ギャラリーのデメリットは、何でしょうか?

石村:これは白竹さんのせいではないのですが、ホテルが遠いことですね。

白竹:ああ、確かにその問題は、どうしようもありませんね・・・。

石村:車がないと、白竹ギャラリーからホテルまでの行き来が難しいですね。

白竹:そうですね。碧南市でホテルというと衣浦グランドホテルさんですが、タクシー利用しないといけないですしね。白竹ギャラリーの最寄駅から20分ほど離れた刈谷駅周辺に泊まっていただいて、電車で通っていただいた利用者さんも過去にいらっしゃいました。

※今後は、宿泊についてのご相談もお受けいたします。

実際、白竹ギャラリーを利用した感想はいかがでしょうか?

石村:今回(2016.6月「デザイナーが選んだヴィンテージキリムとギャッベ展」)で、6回目の利用ということで、わかる通りです。良くなかったら、利用しないですからね。白竹ギャラリーさんだけではなく、他所のギャラリーさんでも、ギャラリーオーナー様とのつながり、ギャラリーへの信頼感から新規のお客様になっていただいた方もいらっしゃいますから。そういう人と人とのつながりは、大事だと思ってます。来場してくださったすべてのお客様に絶えず感謝の気持ちです。

白竹:石村さん、ありがとうございました。こちら側では、想像していなかったメリットがあり、とても勉強になりました。

IMG_8099IMG_8109

※石村さんは、とても丁寧な大阪弁でお答えくださったのですが、愛知県碧南市出身の担当者には、大阪弁で文章を起こすことができませんでした。

白竹ギャラリー利用にご興味がある方は、こちらをどうぞ → 白竹ギャラリー使用要項  白竹ギャラリースケジュール