白竹木材株式会社

愛知県碧南市の建築・古民家再生・古材家具ショップ

白竹家づくり五箇条

白竹家づくり五箇条

一、無垢材にこだわること
一、地元の木を使うこと
一、自然素材にこだわること
一、伝統技術の継承をめざすこと
一、住み継ぐ家をめざすこと  

民家再生

民家再生とは、日本の伝統技術で建てられた建物に手を加えて、現代の生活に合うように蘇えらせることです。 良質な木材をふんだんに使用し、伝統的な建築工法で建てられた民家は、長い年月地震や風雨に耐え、今日までも強さと美しさを持ち続けている日本の住文化を語り継ぐ貴重な財産です。古くて、暗くて寒くて住みにくいと思っていた家が、『再生』という手法によって新しく生まれ変わり、さらに時を経るほど、美しく成熟していく家に生まれ変わります。
民家再生
施工例

施工例

自然素材の家(新築)、民家再生、店舗改装、リフォームの施工例がご覧いただけます。
白竹ギャラリー イベントのお知らせ
家具工房で作った家具を販売しています
カフェです(9:00~17:00 Open)

Recent Articles

プロによるDIY教室(大工編)「道具・工具の使い方のコツ」【こだわりまつり企画】
プロによるDIY教室(大工編)「道具・工具の使い方のコツ」 DIY女子も男子も集まれ! 伝統こだわりまつり企画として、「プロが教えるDIY教室」の開催が決定しました。 セルフビルドを計画中の方、ただやりたい方、どなたでも参加OKです。(※予...
プロによるDIY教室(左官編)「しっくい塗体験」【こだわりまつり企画】
プロによるDIY教室(左官編)「しっくい塗体験」 DIY女子も男子も集まれ! 伝統こだわりまつり企画として、「プロが教えるDIY教室」の開催が決定しました。 セルフビルドを計画中の方、ただやりたい方、どなたでも参加OKです。(※予約制) 左...
茶房白竹 10月のお休み&営業時間のお知らせ
茶房白竹より10月のお休み&営業時間のお知らせ 茶房白竹より最後のお休み&営業時間のお知らせとなります。 先にもお伝えしましたとおり、10月27日(土)をもちまして閉店させていただきます。 ありがとうございました。 → 茶房白竹閉店のお知ら...
「秋のしつらえ展」
秋のしつらえ展 2018/10/12(金)~16(火) 10:00~17:00(最終日16:00) 加藤 洋史—陶 加藤勢季子—陶 中根由美子—手染の服 中根 啓—柿渋のシャツ 大須賀彩...
茶房白竹閉店のお知らせ
茶房白竹閉店のお知らせ この度、永らくご愛顧いただきました茶房白竹を諸般の事情により10月27日(土)をもちまして閉じさせていただくことになりました。 皆様の長年にわたるご愛顧に心から御礼申し上げます。 ありがとうございました。 [チケット...
民家再生内覧会を開催予定
近日、民家再生内覧会を開催します! ※写真をクリックすると施工例を見ることができます。 お施主様のご厚意により、近日民家再生内覧会を開催いたします。 すでにご家族でお住まいのため、数組限定での内覧会となりますので、ご了承くださいませ。 お施...
茶房白竹 9月のお休み&営業時間のお知らせ
茶房白竹より9月のお休み営業時間のお知らせ モーニングサービス 9:00〜11:30 ランチタイム11:30~14:00 アイスクリームが付きます。   茶房白竹 営業時間 9:00~17:00(ラストオーダー16:30) 〒44...
「大人のための書道-写経&美文字-」 9月
毎月第3水曜日に開催! 毎回、写経もしくは美文字トレーニングのどちらかをご予約時にお選びいただきます。 毎月必ず参加していただく必要はありません。 都合のつく月だけの参加もOKです。 椅子の座っての教室です。 教室終了後に茶房白竹にてお茶を...
【8月連休のお知らせ】
【連休のお知らせ】 下記のとおり、連休とさせていただきます。 SHOP(白竹ギャラリー)、茶房白竹、建築事務所すべて 8/12(日)~8/19(日) お休みさせていただきます。 毎年長いお休みをいただいております。 申し訳ありませんが、よろ...
「小さな贅沢 豆皿展」
小さな贅沢 豆皿展 2018/9/14(金)~9/18(火) 10:00~17:00(最終日16:00) atelier juca—陶 佐藤愛子—陶 北村陶房—陶 堀尾卓哉—陶 各務和子...
レンタルスペース HAKUTAKE WOOD SPOT のお知らせ
レンタルスペース HAKUTAKE WOOD SPOT のお知らせ 白竹木材株式会社の南側 川沿い事務所2Fにある HAKUTAKE WOOD SPOT をレンタルスペースとして貸し出しいたします。 食事を持ち込んでのランチ会、サークル、教...
「思い出の柱」を引き継ぐお家を施工させていただきました。
「思い出の柱」を引き継ぐ 私は、ほとんど社内で仕事をしていて、建築中の現場に行くことは、まず、ありません。 事務所ないで、工事現場監督と下請さんやお施主さんとのTEL会話、工事担当者同士の打ち合わせから、少しずつ状況を知る程度です。最近、完...